勤怠管理のためのタイムカード

  • 最近のタイムカードについて

    • タイムカードは会社などで働いている人たちの勤務時間を記録するためのものです。

      これまで紙でできたカード式のものを利用していました。仕組みとしてはタイムレコーダーにタイムカードを差し込んで記録をします。

      勤怠管理の優良サイトの情報を公開中です。

      毎日出勤時、退勤時と分けて記録をして行きます。

      出勤時刻と退勤時刻なので勤務時間を計算しなければなりません。


      紙でできているタイムカードの場合は勤務時間を手で計算しなければなりません。


      出勤時刻と退勤時刻の差を計算して休憩時間を差し引いた時間が勤務時間となります。



      勤怠管理をするためには残業時間も計算しなければならないのです。
      紙で記録しているタイムカードの場合はこのような勤務時間や残業時間を人が計算して時間数など手書きするか別途記録をしなければなりません。

      お客様に相応しいYahoo!知恵袋の詳細情報を掲載しています。

      しかし最近のタイムレコーダーはシステムと連携できるようになっていて、時刻のデータをシステム側へ渡せるようになっています。

      誰の勤怠データかというのはいろいろな認証機能によって特定をさせます。

      例えばICカードであればその人が持っているカードをタイムレコーダーにかざすと時刻が記録されます。


      他に指紋認証もありタイムレコーダーにある指紋認証機能で特定します。

      またインターネットを使用して外出先からも時刻を記録することができます。
      このようなタイムレコーダーはシステムと連携することができ、すぐに勤務時間を計算することができるということと残業時間も自動的に計算可能なので勤怠管理を効率的に行うことができます。