勤怠管理のためのタイムカード

  • タイムカードとの違い

    • タイムカードというのは縦長の紙製のカードでタイムレコーダーという機器に挿入すると時刻が紙に記録されるものです。



      これは会社などに勤務する従業員の勤怠管理に使用するもので、会社では従業員の勤務状況を管理する義務があり、賃金の計算にも使用します。

      勤怠管理というのはそれぞれ従業員には働く時間数が決まっていますが、これは法律でも定められているのです。


      その時間を超えないようにするということと、もし超えた場合は残業として手当を支払わなければなりません。

      また残業時間も会社内の協定で定めて労働基準監督署に届け出なければならずその範囲内でなければなりません。



      このような勤怠管理でポイントになってくることが早く実績を捉えてわかるようにするということです。

      1ヶ月締めてから残業時間数がとても多かったということでは管理できていないことになります。

      タイムカードで勤怠管理をおこなうばあい、紙に時刻が記録されているので計算しなければなりません。

      数名なら毎日計算して確認も可能ですが、人数が多いと時間がかかってしまうということと、計算を間違えてしまうこともあるのです。

      このようなことからタイムカードで管理するより最近はICカードやパスワードなどの認証機能を使ったタイムレコーダーが増えてきているのです。

      マイナビニュースの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

      これは時刻をデータで記録するのでその情報をシステムに吸い上げて自動的に計算することができるのです。


      残業時間も自動計算可能で作業の軽減や間違いを防ぐことができます。