勤怠管理のためのタイムカード

  • 最新型タイムカードの魅力とは

    • 勤怠管理に古いタイプのタイムカードを使用している企業はまだまだたくさんあります。
      しかし、最新式のタイムカードを採用することで様々なメリットがあり、相応のコストを支払うだけの価値があると言うことを紹介していきます。

      タイムカード(従来)で勤怠管理をする場合、まずは「人件費がかかる」と言う点がデメリットです。

      特にカード型を用いて管理をする場合には、社員一人一人の勤怠情報を全て確認する必要があります。
      小さな文字で印字されている情報を社員全員分行う訳ですから、不正があるかどうかをチェックする以前に抜けや漏れが無いかと言うことを確認するだけでも大きな労力になってしまいます。



      しかし、タイムレコーダー(新しい)を用いた勤怠管理に変更することによって、そうした労力を大幅に削減することができます。



      新しいタイプでは主にパソコンを使って勤怠情報を管理していくことになる為、あらかじめ異常があった時には警告されるような設定も出来ます。

      教えて!goo関する情報選びといえばこちらのサイトです。

      また、パソコン上で一元的に情報を管理することができるので、抜けや漏れを黙視することなく把握することも可能です。
      また、何よりも「不正な申告を減らすことができる」と言うメリットがある為、より高い精度で人件費管理をしたいと思っている場合には非常に重宝します。
      自分で情報を改ざんすることはまず不可能であり、修正も特定の管理者のみが担当できるようにするだけでリスクが大幅に減るので、コスト削減に大きく貢献してくれます。