勤怠管理のためのタイムカード

  • タイムカードで勤怠管理をするデメリット

    • タイムカードを使った勤怠管理では、「しばしば不正が起こる可能性がある」と言う点をしっかりと意識することが大切です。
      「直接打刻」で管理を行うタイムカードの場合、もしも勤務時間に遅刻してしまうような状況で他人に代打をお願いしてみたり、わざと退社時刻を遅く印字して残業代を水増しすると言ったことが容易に出来てしまいます。
      最新型のタイムカードの場合は、本人のみ操作可能な環境を作りやすいと言うメリットがある為、代打を依頼すると言うことはまず出来なくなります。

      退社時間の調整は出来てしまうものですが、これに関しては「目視確認」することで一定程度の発生防止効果が期待できます。

      OKWaveに関するお役立ち情報サイトです。

      また、管理を自己申告型ではなく課や部署と言った単位で責任者が行うようにしておけば、少なくとも個人個人が行う不正を防止することも出来ます。

      直接印字型のタイムカードの場合は、自分で内容を確認して修正することが難しくありませんが、システムを用いた管理の場合はそういったリスクが減ると言う点は非常に大きなメリットと言えます。

      タイムレコーダーをわかりやすく説明しています。

      要するに、従来型の管理方法では「不正が起きやすい環境である」と言うことが最大のデメリットとになっているので、健全な経営環境を構築していくことを目指すのであれば、早々に何らかの対策を講じることが賢明だと言えるでしょう。

      あくまでもそうしたことは起こり得ないと思っている経営者もいるでしょうが、多くの真面目な社員のモラルを守ることを最優先に考えることが大切です。