勤怠管理のためのタイムカード

勤怠管理のためのタイムカード

会社で働いている人の給料を決めるのは何日働いたか、何時間働いたかということになります。

オンリーワンの勤怠システムを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

出勤した日はいつか、勤務した時刻を記録をすることで働いた日数や時間数を計算することができます。
出勤した日や時間を記録する方法はタイムカードで行う方法があります。

Yahoo!知恵袋のお役立ち情報はこちらのサイトです。

タイムカードは紙でできたカードでタイムレコーダーという機械にそのカードを挿入すると時刻が記録されます。

出勤や退勤といったボタンがあり、出勤や退勤時にそれぞれのボタンを押してカードを挿入すると時刻が記録されるので、出勤の時間と退勤の時間から何時間働いたか計算をすることになります。

タイムカードは容易に使うことができて便利なのですが、あとで時間を計算するのに時間がかかるのです。



また手で計算することになるため間違いのもとにもなります。
しかし最近のタイムレコーダーはICカードや指紋認証ができるものがあります。

これらを利用する場合も出勤や退勤といったボタンがあり、出勤や退勤時にそれぞれのボタンを押してICカードをかざしたり、指をあわせて指紋認証をするという方法です。これがタイムカードと違う点は紙に記録されるのではなく、データとして記録をされるという点です。
データとして記録できるために勤怠管理のシステムと連携をさせるとその日のうちに出勤時間と退勤時間から勤務時間が計算できるのです。

また残業といった時間も自動的に計算することができるので計算作業を効率的に行うことができます。

  • ビジネスの基本知識

    • タイムカードというのは縦長の紙製のカードでタイムレコーダーという機器に挿入すると時刻が紙に記録されるものです。これは会社などに勤務する従業員の勤怠管理に使用するもので、会社では従業員の勤務状況を管理する義務があり、賃金の計算にも使用します。...

      detail
  • 詳しく知りたいなら

    • タイムカードは会社などで働いている人たちの勤務時間を記録するためのものです。これまで紙でできたカード式のものを利用していました。...

      detail
  • 人に言いたいビジネス

    • タイムカードを使った勤怠管理では、「しばしば不正が起こる可能性がある」と言う点をしっかりと意識することが大切です。「直接打刻」で管理を行うタイムカードの場合、もしも勤務時間に遅刻してしまうような状況で他人に代打をお願いしてみたり、わざと退社時刻を遅く印字して残業代を水増しすると言ったことが容易に出来てしまいます。...

      detail
  • 納得の知識

    • 勤怠管理に古いタイプのタイムカードを使用している企業はまだまだたくさんあります。しかし、最新式のタイムカードを採用することで様々なメリットがあり、相応のコストを支払うだけの価値があると言うことを紹介していきます。...

      detail